杉並区の株式会社五嶋不動産 > 株式会社五嶋不動産のスタッフブログ記事一覧 > 土地の評価額とは?5種類の特徴をご紹介

土地の評価額とは?5種類の特徴をご紹介

≪ 前へ|マイホーム購入に使えるフラット35とは?利用できる条件やデメリット   記事一覧   不動産購入におすすめの選択肢!スマートハウスの費用やメリットとは|次へ ≫

土地の評価額とは?5種類の特徴をご紹介

土地の評価額とは?5種類の特徴をご紹介

不動産売却の際には、土地評価額という言葉が出てくることがあります。
土地評価額とは何なのか、基本情報を確認しておきましょう。
5種類ある土地評価額の特徴と調べ方をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

評価額とは?

不動産における評価額とは、土地や家屋に対する評価のことです。
不動産取得税・登録免許税・相続税・都市計画税などを計算する際に、基準として使われています。
また、固定資産税を決めるためにも利用されます。
種類は5つあり、目的により使い分ける必要があります。
不動産では、「一物五価」という言葉があり、5つの評価に分けることができます。
5つの評価は、基準地価・固定資産税評価額・相続税路線価・公示価格・実勢価格です。
実勢価格以外は、公的機関が価格を決めています。
価額といっても種類があるため、目的に合わせたものを選びましょう。

土地評価額の5つの特徴

公示価格は市況を知るために使用でき、土地の評価の基準に使います。
実勢価格は時価のことで、不動産売却の際に使われる価格です。
公示価格より10~20%高くなるもので、資産価値を知るための見積もりでも利用されています。
基準地価は公示価格を公表しない場合に用いる価格です。
相続税路線価は公示価格の90%で、相続税や贈与税を支払うときに使います。
固定資産税評価額は公示価格の80%で、固定資産税の計算や不動産購入の際に使われるものです。

土地評価額の調べ方

価額を決定する機関は種類により異なるため、調べ方が違います。
調べたい価額に対する機関で調べるようにしましょう。
土地を売却する際には複数の評価額を用いることがあるため注意してください。
公示価格と基準地価は、土地総合情報システムというWebサイトで調べることができます。
実勢価格は国土交通省が管理しているサイトで調べましょう。
レインズマーケットインフォメーションまたは、土地情報総合利用サイトを利用します。
相続税路線価は、国税庁のサイトで調べることができます。
固定資産税評価額は、複数の調べ方があるため利用しやすい方法を活用してください。
簡単なのは、固定資産税の課税明細書を確認する方法です。
毎年4月以降に送られてくる、固定資産税の納税通知書と一緒に同封されています。
また、固定資産税評価証明書、公租公課証明書、固定資産課税台帳でも調べることが可能です。

まとめ

不動産売却の際には、土地評価額とは何なのか基本的知識があると良いでしょう。
それぞれの特徴と調べ方を簡単で良いので理解しておいてください。
売却の際には見積もりを取ると思いますが、何を基準に価格が出ているのか知っておくと、販売価格の決定に役立ちます。
私たち株式会社五嶋不動産は、杉並区の不動産情報を中心に取り扱っております。
不動産相続・売却についてご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホーム購入に使えるフラット35とは?利用できる条件やデメリット   記事一覧   不動産購入におすすめの選択肢!スマートハウスの費用やメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 売却査定
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社五嶋不動産
    • 〒166-0004
    • 東京都杉並区阿佐谷南3丁目41-13
    • TEL/0362769906
    • FAX/0362769907
    • 東京都知事 (1) 第104621号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る