杉並区の株式会社五嶋不動産 > 株式会社五嶋不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に知っておきたい確定申告!必要な書類やかかる時間も解説

不動産売却時に知っておきたい確定申告!必要な書類やかかる時間も解説

≪ 前へ|東京都練馬区のパワースポット!石神井氷川神社をご紹介!   記事一覧   不動産購入におけるローンの種類を解説!選ぶ上でのポイントも紹介します|次へ ≫

不動産売却時に知っておきたい確定申告!必要な書類やかかる時間も解説

不動産売却時に知っておきたい確定申告!必要な書類やかかる時間も解説

不動産売却にともなう確定申告には必要な書類の作成など時間がかかります。
売却後、どれくらいの期間をかけて申請をおこない費用を支払う必要があるのか、あらかじめ知っておくことで、売買後の税金の支払いをスムーズにすませられます。
ここでは、不動産を売った後に必要になる確定申告について詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の確定申告とは

不動産売却の確定申告は、1月1日から12月31までの1年間に不動産売却により利益が出た場合に必要になります。
会社に勤めている方は会社が年末調整をおこなってくれるため確定申告をどのようにするのか知らない人も多いです。
不動産売却の際は会社でもらう給料とは別に入る収入になるため、別途、確定申告が必要となります。
これにより、不動産売却による利益に対して譲渡所得税を納めることになります。
また、売って出た利益を別の不動産に使い利益が出なかった場合でも申告することにより税金を抑えられる可能性があるため、申請がおすすめです。

不動産売却の確定申告に必要な書類とは

申告する際に必要な書類は、税務署で入手するものと、自分で用意するものがあります
税務署から取り寄せる書類は、譲渡所得の内訳書、申告書第三表、確定申告書B様式の3つです。
自分で用意する書類は、売買契約書のコピーと譲渡費用領収書コピーを譲渡時の内容を確認するために必要です。
また取得費用と譲渡費用の証明として領収書のコピーを用意しておいてください。
確定申告時に必要なマイナンバーや源泉徴収票がある場合、別途用意してください。
法務局から取り寄せる書類として譲渡した土地の事項証明書があります。
不動産取引には多くの書類が必要で、すべて自宅などに保存するようにしていつでも取り出せるようにしてください。

不動産売却で必要な確定申告の時間とは

1月1日から12月31日までの収入にかかり、翌年の2月16日から3月15日までに申告を済ませる必要があります。
通常の申告であれば3日から1週間程度で終わり、税理士資格を持っている方や税理士にお願いするなどした場合、3時間程度で終わります。
確定申告に必要事項をすべてチェックしてから申告すると比較的早く終わらせられるためおすすめです。

まとめ

不動産売却で利益が出た場合に確定申告が必要になります。
また、利益が上がらなかったとしても、申告で税金を抑えられる場合があります。
事前に必要事項をチェックし、スムーズに確定申告がおこなえるよう準備しておきましょう。
私たち株式会社五嶋不動産は、杉並区の不動産情報を中心に取り扱っております。
不動産相続・売却についてご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|東京都練馬区のパワースポット!石神井氷川神社をご紹介!   記事一覧   不動産購入におけるローンの種類を解説!選ぶ上でのポイントも紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 売却査定
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社五嶋不動産
    • 〒166-0004
    • 東京都杉並区阿佐谷南3丁目41-13
    • TEL/0362769906
    • FAX/0362769907
    • 東京都知事 (1) 第104621号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る